じぶん色のひとりごと

エイトごと、エンタメ、日々のことなど、マイペースで綴るアラ還主婦のブログです(^^)

歌の力。

お立ち寄り頂きありがとうございます。

 

エイトごとではないのですが…。

 今週の朝ドラ『エール』が凄まじくて。

ずっと頭から離れないので、ちょっと吐き出して整理しておこうと思いました。

 

*   *   *

 

戦時中、作曲家は戦意高揚の歌を作るのが仕事でした。

(断る選択肢はなかったのだと思います)

『エール』の中で流れた数々の曲は、私でもほとんど知ってる歌でした。

そんなたくさんの歌を作った古山裕一(古関裕而さん)。

兵隊に行かない自分が国のためにできること…とたくさんの名曲を作り、その歌に憧れたり歌を励みにして多くの若者が戦地に行き(志願もして)、命を落とした…。

戦地の悲惨な現実を目の当たりにした裕一は、初めて自分のしたことを悔い、恐ろしくなり、曲が作れなくなった…。

今日の放送はそこまででした。

 

朝ドラでここまで生々しく凄まじい描写は珍しくて、ネットでも話題になり、私もここ数日は思い出すと気持ちが苦しくなったりします。

 

*   *   *

 

音楽…って、音を楽しむと書くように、本来は楽しいものでなくてはならないはず。

みんなに希望や笑顔を届けられるもの、みんなの心を一つにできるもの。

 

でも、

戦時下ではそれが逆手にとられてしまった。

みんなの心を一つに→国民の戦意高揚。

希望→少年たちが兵隊に憧れてお国のために死ぬことが幸せ。

 

音楽を純粋に愛して作曲をしていた裕一にとって、この残酷な現実は悲しすぎます。

 

この後、終盤に向かって、また多くの名曲を作っていく裕一の心の再生、心して見届けようと思います。

 

*   *   *

 

今、音楽は純粋に人の心を明るくしたり、支えてくれたり背中を押してくれたりするものです。

懐かしさと共に蘇ったり、何十年経っても口ずさめたりするものです。

音楽がこの先もずっと、純粋に《音を楽しむ》ものでありますように…。

音楽に携わる人たちが、この裕一のような苦しみを味わうことが、決してないことをただただ祈ります。

 

………………………………………

 

〈丸ちゃんに届け、今日の空〉

 

f:id:gum1126:20201016140641j:plain

雲がキラキラして綺麗でした(^^)

エイトの曲にたくさん元気をもらってきたこと、

エイトの曲に自分と娘たちの楽しい時間を重ねられること、

しあわせなことだな…と、心から思ってます。

 

丸ちゃん、明日はサタプラですね(^^)

元気な姿、楽しみにしてます(^^)/

 

お読み頂きありがとうございました。