オレンジ色のひとりごと

エイター歴11年、アラ還主婦の丸山隆平くん応援ブログ

ピアノマンの奇跡。

お立ち寄り頂き有難うございます。

 

エイトごとの記事ではありませんが…。

 

 

先週まで4週にわたって土曜日に放送されてた、NHKの『六畳間のピアノマン』。

ご覧になった方もいらっしゃると思いますが…。

f:id:gum1126:20210305222111j:plain

NHKのサイトより

f:id:gum1126:20210305222149j:plain

同じくNHKのサイトより

シゲちゃんが出る!…と、それだけで予約したドラマでしたが、初回があまりにも壮絶で観てて苦しくなってしまい、次から観られなくて録画を放置してました。

でも、3週目が過ぎた頃、行きつけの美容室の美容師さん、姉…と、2人が偶然にもこのドラマの素晴らしさを熱弁し、それを聴いてまた観ようと思い直し、昨日、まとめて観ました。

 

すごく辛かったり悲しかったりやるせなかったり、色んな感情を突きつけられるのですが、最後は毎回希望の光が見える…。

そんな、心を揺さぶられるドラマでした。

 

ビリー・ジョエルの「ピアノマン」という曲をモチーフにしていて、ドラマの中でもそのメロディがたびたび流れ、心に沁み入りました。

 

そして…、

 

ピアノマン

ピアノマン

どこかで聞いた記憶があるんだけど…、

何だったかな?

 

……と記憶の糸を辿り、やっと思い出して辿り着いたのは、すばるくんが歌った「ピアノマン」でした。

オランダでのステージで歌った曲。

急いでネットで探したら、動画がありました。

 

関ジャニ∞のTシャツを着て、『味園ユニバース』の頃の短髪で。

ブルースハープを吹き、全身で「ピアノマン」を歌うすばるくんに、現地のお客さんは大きな拍手を送ってました。

 

次に、

もしかして…?と思い、『歌』のライブ映像(ブルーレイ)を見たら、やっぱり!ここでもアンコールに「ピアノマン」を歌ってました。

今日久しぶりに映像を観ながら、涙が止まりませんでした。

すばるくんの映像を観たことの涙というより、この曲を歌うすばるくんに感動したのです。

 

ピアノマン」、私は洋楽をほとんど聴かないので、この曲も恥ずかしながら知りませんでしたが、聴く人の背中を押し、また歩き出す力を与えてくれる…、そんな曲なのだそうです。

英語の歌詞の内容は、私は分かりませんが、心を包み込んでくれるようなメロディに惹かれました。

 

*   *   *

 

『六畳間のピアノマン』では、古舘祐太郎さんがピアノとハーモニカを演奏しながら「ピアノマン」を歌い上げてました。

俳優さんだけどとっても上手で、心に響く歌声に、ドラマ越しに私の背中も押してもらいました。

 

そして、

このドラマのお陰で、すばるくんの「ピアノマン」を思い出し、久しぶりに彼のステージでの魂の歌声が聴けました。

 

思いがけず、エイト時代のすばるくんのソロのステージを観たわけですが、悲しいとかそういう負の感情が全く起こらない自分に驚きました。

関ジャニ∞っていうアイドルグループやってます」

「唯一無二のエンターテイメント、ジャニーズ事務所に感謝」

「死ぬまで音楽をやっていきます」

…堂々とそう話す、当時のすばるくん。

 

あの頃も今も、音楽と共に生きる姿勢に変わりはないすばるくん。

関ジャニ∞にいてくれたことにありがとう」…って思ってます。

エイトとすばるくん、どちらも大好きです。

 

ピアノマン」の奇跡…を感じた出来事でした。

 

………………………………………………

 

丸ちゃんにお届けしたい空は、今日は撮れませんでした(>人<;)

代わり?に、

昨日お散歩中に会った猫さん。

f:id:gum1126:20210305231708j:plain

カメラ(スマホ)を向けても逃げず(笑)。

やたらと姿勢の良い猫さんでした(*^ω^*)

 

では、

明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)

おやすみなさい☆彡

 

お読み頂き有難うございました。