オレンジ色のひとりごと

エイター歴11年、アラ還主婦のひとりごと

「ザ・ヒューマン」のヤスくん。

お立ち寄り頂き有難うございます。

 

昨日放送の『ザ・ヒューマン』。

今日録画を観ました。

CM無しのガッツリ50分…、なかなかの見応えでした。

 

去年の5月、リモートでのインタビューから始まった今回の番組。

最初のリモート画面、いきなりワンちゃんから…って(笑)

あのお部屋(色々映り込んでるソファー)のリモート画面、なんだか懐かしいです(*´ー`*)

 

街をチャリンコで気持ちよさそうに走り回り、ボイトレにもチャリンコで行くヤスくん(^^)

(坂道を下っていくところ、『自転車少年記』を思い出しました(*´ー`*))

 

地元に帰り、近所のたこ焼き屋さんと楽しそうに会話するヤスくん。

ドリアイで後輩くんたちを気遣うヤスくん。

 

病気から1年後、骨折の時、たっちょんから来た電話の話を思い出しながら涙するヤスくん。

ライブの裏側映像で、本当にシンドそうなヤスくん。

(あのメイキング、つらくてまだちゃんと観られない私)

 

写真集の撮影にも、この番組スタッフが同行してたとは驚き。

そんな前からこの番組の企画があったんですね。

(当たり前だけど)全く知らなかった…(^^;;

 

つい最近、3/11の映像まで、1年もの間のヤスくんの姿と言葉。

 

朝日新聞の連載の時とも違う驚きがいくつもありました。

 

病気のことだけでなく、ヤスくんが10年も前から心に抱えていた「偽善者」という言葉との葛藤の存在、今回の番組で初めて知りました。

雑談の中で…だったとしても、ヤスくんを刺したその言葉。

(誰が言ったんだ?…なんて、チラッと気になりました)

 

心から他人の幸せを自分の幸せと思えるのに、世間はそうは見ない。

自分にとっては当たり前のことをしてるだけなのに。

 

誰の心にもある〈良心〉。

みんながその心のままに動けたら、きっと優しい世の中になるのに。

みんながお互いに自分が〈偽善者〉と思われたら嫌だな…って思ってるんだと思う。

だから、他人の〈良心〉に厳しいのかな。

 

心のままに生きる…。

単純なことなのに難しいね。

 

ヤスくんが10年越しで作り上げた曲は、すごく深くて重くて、でも力強くて。

聴いてて涙が出ました。

 

*   *   *

 

観ながら色んな感情が湧いて、ちゃんとした感想は書けないのですが、とりあえず感じたことを羅列してみました。

 

ヤスくんが「偽善者」の言葉と闘って来た10年間は、そのまま私のエイター人生の10年間でもあって。

私が見てきた色々な場面でのヤスくんが、心にそんな葛藤を抱えていたことを知り、とても驚いてます。

 

まとまりませんが…。

 

…………………………………………

 

〈丸ちゃんに届け、今日の空〉

 

f:id:gum1126:20210321183752j:plain

 

朝から雨の1日。

やっと山が見えてきた夕方の空。

 

明日は良い天気になりますように。

やっぱりお日様が出てると気持ちも明るくなります。

 

では、

明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)

おやすみなさい☆彡

 

お読み頂き有難うございました。