じぶん色のひとりごと

エイトごと、エンタメ、日々のことなど、マイペースで綴るアラ還主婦のブログです(^^)

映画『流浪の月』を観ました。

昨日の丸ちゃんの《大切な日》に書いてあって、私も観に行こうかな…と、昨日の記事で書いた、映画『流浪の月』。

予告通り(笑)、今日観てきました。

・・・・・・・・・・

丸ちゃんが言うように“余韻”が半端なくて。

(それも、重く切なく哀しい、でもラストでホッとする余韻)

すごく重たいお土産を持たされた感覚です。

原作は読んでないのですが、ちょっと原作も気になるので、いつか機会があったら読んでみたいと思いました。

・・・・・・・・・・

もうね、

役者さんたちの演技力に引き込まれて、目が離せませんでした。

(目を背けたくなるようなシーンでも)

松坂桃李さん、広瀬すずさんはもちろんですが、なんと言っても目を見張ったのは、横浜流星くんの演技。

その生い立ちゆえのDVとわかったら、苦しくて切なくなりました。

子役の白鳥玉季ちゃんの存在感もすごかったな。

テセウスの船』に出てた子ですよね。

・・・・・・・・・・

なんだろ。

サラッと感想を書けるような作品ではないですね。

でも、観て良かったです。

・・・・・・・・・・

丸ちゃんも、こんな見応えのある、重くて深い作品に出会えるといいですね。

待ってます(*´ー`*)

では、

明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)

おやすみなさい☆彡