オレンジ色のひとりごと

エイター歴11年、アラ還主婦のひとりごと

「どちらも間違ってはいない」

お立ち寄り頂きありがとうございます。

 

昨日記事に書いたように、今日、新幹線の指定券を払い戻ししてきました。

 

gum1126.hatenablog.com

 

駅員さんが、

「変更ではなく払い戻しですか?」

と聞くので、

「はい」

と答えたら、

「コロナの関係ですか?」と。

色々ボヤきたい気持ちをグッと抑えて(駅員さんも忙しいだろうし(^^;;)、

「はい」

とだけ答え、お金を受け取りました。

払い戻し、多いのかな(^^;;

 

*   *   *

 

私のチケットは仲良しのマルター仲間さんが引き受けてくれることになってます。

 

タイトルの言葉は、そのお友達からもらった一言。

LINEを読みながら泣きました。

 

ありがとう(*´ー`*)

 

*   *   *

 

国の方針が〈ゼロコロナ〉から〈withコロナ〉にシフトチェンジした今、人々の行動は自身の〈ゼロリスク〉か〈withリスク〉かの判断…に分かれると思います。

 

〈withコロナ〉で世の中が動いてる以上、〈withリスク〉で動くしかないのかもしれません。

でも、新型コロナが2類感染症である今は、私にはそれが出来そうにありません。

だから諦めました。

 

東京に行ったからって必ず感染するわけではないし、逆に、地元にいるだけだって感染するかもしれない。

感染リスクはどこにでもあります。

でも、今の状況では(まん防も出ちゃったし)、私は〈withリスク〉にはできないです。

 

*   *   *

 

今回の丸ちゃんの舞台が、丸ちゃんにとってどれほど大切なものか、マルターにとってもどれだけ貴重なものか、よくわかっているつもりです。

それなのに、せっかく当たったチケットを手放すのはマルターじゃない…と批判されても仕方ないです。

だったら最初からエントリーするな、と批判されても仕方ないです。

でも、その時々で、私はそれなりに考えて動いてきました。

だから、今までみたいに自分で自分を突き落とすことは、したくないです。

 

そんなふうに、あれこれ考えて私が出した結論にお友達は、

「がむさんの考えも、地方でも行こうと考えてる人も、どちらも間違っていないと思う。」

…と言ってくれました。

 

*   *   *

 

コロナ禍の今は、色んな場面で自分の行動に迷うことがあります。

でも、動く判断をしても動かない判断をしても、ちゃんと考えて出した判断は間違ってはいない…、そう思っていいんですよね。

 

*   *   *

 

舞台自体は、予定通り行われるのだと思います。

丸ちゃんの〈大切な日〉にも、「稽古」の言葉が連日登場してます。

どうか無事に初日を迎え、各地を回って凱旋公演まで、無事にゴールできますように(*´ー`*)

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

〈今日の空〉

 

f:id:gum1126:20220119213510j:plain

真っすぐ横に伸びる雲。

ちょっと不思議な空でした。

 

丸ちゃん、今回は会えなくなっちゃったけど、次に丸ちゃんに会える時、堂々と胸を張って会えるように、毎日ちゃんと生きるからねp(^_^)q

待っててねヽ(´▽`)/

 

では、

明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)

おやすみなさい☆彡

 

お読み頂きありがとうございました。