オレンジ色のひとりごと

エイター歴11年、アラ還主婦の丸山隆平くん応援ブログ

〈くらすます〉を読んで。

お立ち寄り頂きありがとうございます。

 

お友達の〈id:chyocopen〉さんの記事を拝見して、くらすますが昨日更新されていたことを知りました。

 

《Johnny's DREAM IsLAND》詳細が出て、アーカイブ配信がないことがわかり、パニックになった(そこまでじゃないか(^^;;)ファンが〈くらすます〉に直訴して…。

それを受けての昨日の〈くらすます〉かと思います。

…っていうより、これは、関西ジャニーズ、そして今回のライブに関わるスタッフさんまで含めての総意を、たっちょんが代表して発信したのだと受け取りました。

 

丁寧な言葉で、謙虚に一生懸命伝えようとしてくれる文章の行間から、

「もうこれ以上俺たちを追い詰めないでくれ(*´Д`*)」

…という心の叫びを感じてしまった私。

(考え過ぎかな(^^;;)

 

*   *   *

 

関西のジャニーズが勢揃いのステージであること。

大阪万博に向けて大阪が盛り上がっていくスタート地点であること。

今までのようなエンターテインメントにはもう戻れないかもしれない中、新たな形を模索中であること。

配信を観る側は画面の中の好きな人を見て楽しめるけど、ステージに立つ側は歓声も拍手も聞こえず、ペンラも団扇も見えない中、笑って楽しくパフォーマンスをする、それは辛いんだよ…ってこと。

 

だから、わかってほしい。

 

そんな叫びを感じました。

 

*   *   *

 

そして…、

アーカイブ配信がないことに動揺し、不満に思ってしまった自分を反省しました。

反省しながら、フッと夢から醒めた気がしました。

 

エイト愛が冷めたのではなく、エイトとエイター(アイドルとファン)の本来の距離に気付いた…とでも言いましょうか。

 

そもそもアイドルとファンの間には、踏み込めない部分と近くに感じる部分の両方がある。

近くに感じるのは、以前ならライブ会場で生身の彼らを見て声を聞いて一体になれた時とか。

最近だったらSNS(公式)の発信や、リモートでのオフ感いっぱいの姿に触れた時かな。

 

エイトは、「エイトとエイターは人と人だよ…」っていつも呼びかけてくれて、弱いところも曝け出してくれるから、ファンとしてはたまに距離を勘違いしちゃう。

アイドルとファン…ってことを忘れちゃうくらい自然に普通に近くにいてくれるから、

つい、踏み込んじゃいけない部分にも踏み込んでしまうの。

 

だから、アーカイブ配信がないって聞けば、

「そんなの困るよ〜、なんとかしてよ〜」

なんて、つい距離を忘れてお願いしちゃうのよね。

 

*   *   *

 

新たなwithコロナの中でのエンターテインメントは、本当にどれが正解なのかはわからない。

そんな中で、ファンができることは、示されたものに従うことだけ。

たっちょんが言うように「色んなご意見」はあっても、ファンとして出来ること(特に、今出来ること)は、そのステージが成功するように応援すること。

それしか出来ないのよね。

 

「色んなご意見」の吐き出し先をエイトにしちゃいけないのよね。

それが踏み込んじゃいけない部分。

 

*   *   *

 

わたし、7/28の視聴券も買うことにしました。

自分が買えるものはみんな(2つだけど)買っておきます。

視聴出来る出来ないは関係なく。

関西ジャニーズ、そしてスタッフさんへの応援の気持ちを込めてね。

 

私の中の「色んなご意見」は、モヤモヤなままだけど(笑)。

 

丸ちゃんに少しでも伝わってほしいな。

伝わるわけないか。

伝わっても解ってはもらえないよね。

 

(´-`).。oO

 

おやすみなさい☆彡

 

【追伸】

今日はジャニーさんの命日。

この1年の間にジャニーズ内で起こった色々なこと、世の中で起こった色々なこと、空の上で、ジャニーさんはどんな想いで眺めてるのでしょうか。

 

でも、

Smile up project の沢山の発信に笑って、『smile 』は良い曲だね…って喜んでるでしょうね(*´ー`*) 

 

これからもジャニーさんの子供達を見守っててくださいね☆彡