オレンジ色のひとりごと

ファン歴10年、丸山隆平くん応援ブログ

サワコの朝(@ヤスくん)

お立ち寄り頂きありがとうございます。

 

今朝の『サワコの朝』。

 

正直、とんでもない話を聞いてしまった…と思いました。

 

エイトの、例えばファンクラブの有料サイトでしか見聞き出来ないようなコンテンツとか、CDやDVDの特典映像のように、受け取る側もそれなりに心の準備をして、多少なりとも身構えて向き合うようなお話が、爽やかな土曜朝のトーク番組で次から次へと繰り広げられ、すっかりキャパオーバー。

 

…からのサタプラ金髪ヨコちゃん(OvO)

(頭と心がパンぱんだです)

 

*   *   *

 

えっと…、

何から書こう。

 

ヤスくん自身の病気のこと、手術のこと、写真集のことは、これまでにも聞いたり、ゲストで出たラジオで一通り聞いていたので心の準備はできてました。

それでも、異変を感じてから診察、手術…の迅速な流れと、その後隠さなければならなかった苦労(メイクさんも巻き込んでの)話は初めて聞いたので、とても驚き、必死であの頃のエイトの動きを思い出してました。

 

でも、なにより驚いたのは、メンバーが知ったタイミング。

手術して無事終わって…のタイミングで、一番近いメンバー達が初めて聞かされたって(O_O)

「もしこれで何かあってもう会えなかったら、何にも知らず、話すこともできないままだった…と激昂したメンバーもいた」

…さらっとヤスくんは言ったけど、このコメントは反芻するたびに血の気が引きます。

(激昂したメンバー、なんとなく想像はつくけど)

 

その頃仕事も立て込んでたし…ってヤスくんは言ったけど。

本当に、あれ?って思うくらいで、またすぐにヤスくんの姿に会えて、ファンは何にも知らなかったよ。(あ、私が知らなかっただけかな?(^^;;)

 

あの数ヶ月後には舞台『俺節』で、全身全霊での演技。

あの頃どんどん痩せて行って、ヤスくん自身も「命を削って取り組んでる」って言ってたっけ。

単に舞台の大変さ、役に向き合う姿勢を「命を削って」と表現してるのだと思ってたけど、今思えば、術後そんなに経ってない頃の身体には本当にシンドかったんじゃないか…と想像できます。

そうでなくても、あの舞台でのヤスくんは、小さい身体で舞台中を駆け回ったり、殴られたり蹴られたり、その上何曲も歌い上げてました。

しかも、メガネ無し。

舞台照明を連日まともに浴び続けよく無事だったと、思い出すたびに、またまた血の気が引きます。

 

私は一度だけ観ることが出来ましたが、ヤスくんの命を削っての演技、魂の歌声に涙が止まりませんでした。

 

*   *   *

 

そして、

手術の翌年、2018年4月。

すばるくんのあの会見の数日前に転倒し、背中と腰の骨を折る大怪我をしてしまったヤスくん。

あの会見時、ヤスくんの姿がないことに先ず驚いたエイターは、その理由にもっと驚きました。

 

でも、あの頃のヤスくんは、エイターのそんな驚きとは違う次元で苦しんでたのね。

「もう芸能界を辞めよう…」

そこまで苦しんでたなんて。

 

6人で動き出して、ライブツアーも決まってて。

何回も泣きながら話し合い、どんな姿でもエイターの前に姿を見せようと決めて臨んだGR8EST のツアー。

あの頃のエイトの苦しみは、ツアーメイキングに如実に語られてる…はず。

(実は辛くてほとんど見られないまま)

 

そして、6人が5人に。

 

*   *   *

 

当初ひた隠しにしていた病気のことを2年前の7月に公表してから、ヤスくんは気持ちが楽になったと言いました。

本当に良かったと思います。

 

そして、こんな経験をした自分にできることは何か…。

それを、それだけを考え《ボク。》で発信したり、敢えて手術痕を見せたり、その髪型に似合うビジュアルを模索したり、自身の身体に沢山の穴を開けピアスを沢山つけたりしてきたヤスくん。

今までのイメージとのあまりにも激しい変貌ぶりに、随分とまどったものです。

 

「これまでのようなアイドルを求めてる人には受け入れられなくて、離れていくかもしれない。そういう方達には、ごめんなさいしかない。でも、こんな自分を受け入れてくれる人も…いる」(ニュアンス)

これまでも《ボク。》で語ってきてくれた事でしたが、今日誠実に語る姿に「私は受け入れられるよ」と心で伝えました。

《ボク。》の〈文字〉だけより、ラジオの〈声〉だけより、やっぱり表情が見える〈映像〉が一番伝わりますね。

 

*   *   *

 

7人が6人に、そして5人になったこと。

エイターにとってはやっぱりまだデリケートな部分。

でも、全くの第三者である阿川さんだからこその忌憚のない質問には、ハラハラしたりドキッともさせられました(⌒-⌒; )

 

病気をして、怪我までして、もう芸能界を辞めようとまで思ったけど、メンバーが抜けてしまう今、自分が抜けるわけにはいかない。

…そう思い踏みとどまったヤスくん。

 

「じゃあ、あの2人が辞めなかったらもしかして…?」

 

阿川さん、その質問は残酷すぎます。゚(゚´ω`゚)゚。

 

*   *   *

 

2017年の《撮り合いメイキング》、2019年(去年)の《ぼち夜》、また観てみようかな。

2018年の《6人で迎える初夜》は…、うーん(*´ω`*)

そして私の最大の課題(笑)、《UPDATE ツアーの裏側》を観る勇気、誰かください。

 

………………………………………

 

〈丸ちゃんに届け、今日の空〉

 

f:id:gum1126:20201003190421j:plain

空のキャンバスに絵の具をポタポタッと落としたような雲

 

ヤスくんが自宅で描いてた絵を思い出しました(^_^)

丸ちゃんも『サワコの朝』、観ましたか?

何を思ったかな…(´-`).。oO

 

そのあとのゆうちんのサタプラ、新鮮な光景でしたね( ^ω^ )

来週元気な姿に会えるのを楽しみにしてます( ´ ▽ ` )/

 

では、

明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)

 

すっごく長い記事になってしまいましたが、お読み頂きありがとうございました。